便秘イメージ

便秘の基礎知識

便秘に悩む人は多く、日本の成人女性2人に1人が何かしら悩みを持っていると言われています。
便秘の症状というのは人によってさまざまですが、便秘からさまざまなトラブルにつながることも多く、解消したいと思っている人は多いのではないでしょうか。
便秘とひとくちに言っても軽いものから重いものまでいろいろですが、では「便秘」とはそもそもどういう状態を指すのでしょうか。
1日1回必ず排便がないと便秘なのかと思ってしまう人も多いようですが、排便のリズムというのは体質や生活環境によって変わってきますので、2〜3日に1回の排便でも体調に 支障がなく生活しているという人もいます。
日本内科学会が便秘の判断基準を定義していますが、これによると便秘とは「3日以上排便がない状態」のことを指します。
ただし、毎日排便があっても腸内に便がたまっていてなかなか出なかったり、排便後に出し切った感じがしなかったり、腹痛を感じたりする場合は便秘と言ってよいでしょう。
逆に、食事量が少なかったり日常的に消化の良いものを食べている人の場合は便自体の量が少なくなりますので、排便の間隔が開くのは珍しいことではありません。
間隔が開いていても、排便がスムーズで便の状態が良く、排便後におなかがすっきりしているというのであれば便秘ではないと考えられます。
要するに、日数だけで便秘と判断するのではなく、腸が正しく働いているかどうか、健康に支障をきたしていないかどうかで便秘か便秘でないかを判断すれば良いでしょう。
便秘は不快なもので長引けばそれだけ辛いものです。
便秘がちかなと思ったらできるだけ早く解消を試みて、腸が正しく機能する状態に戻すことが大切です。

便秘の原因は普段の食生活やストレス、運動不足など様々です。
それぞれの原因によって解消法が異なりますので、こちらの原因別の解消方法を是非ご覧ください。

Copyright(C) 2014 べんぴ解消.com All Rights Reserved.