便秘イメージ

便秘解消のための食生活

便秘解消のために第一に改善したいのが毎日の食生活です。
便は食べたものからできているので、日々の排便を快適にするには食生活を整えることが必要不可欠になってきます。
昔の日本人は今ほど便秘に悩む人は多くなかったといいます。
それは、時代とともに欧米の食文化が日本に入ってきて、日本でも毎日の食卓に欧米型のメニューが並ぶことが珍しくなくなったことが関係しています。
欧米型の食事というのは、和食と違ってタンパク質や脂肪分が多く含まれていて、逆に食物繊維の割合が少なくなっています。
特に外食となるとその傾向が顕著になりますので、欧米型の外食の多い人は特に注意が必要だと言えるでしょう。
タンパク質や脂肪分は、エネルギー源としては重要な役割を果たすのですが、腸内の悪玉菌を増やして腸内環境を悪化する原因となります。
一方、いも類・野菜・海藻・豆類などに多く含まれる食物繊維は、消化酵素で消化されないものなのでエネルギー源にはならないのですが、便の量を増やしたり柔らかくすることで排便しやすくなり、腸内環境を整えて善玉菌を増やすなど、便秘解消のためには非常に役立つものです。
また、和食にはつきものの味噌や漬物などには乳酸菌が多く含まれています。
乳酸菌も腸内の善玉菌を増やす役割がありますので、便秘解消にはうってつけの食物となります。
昔の日本では自然に摂取することができていたこれらの食べ物も、現代の食卓では不足がちになります。
便秘に悩む人はこういったものを意識的に食事に取り入れるようにすることが大切です。
また、食事の質だけでなく量も大切です。
特に若い女性にはダイエットのために食事を抜いたり量を極端に減らしたりする人がいます。
食事量が減るとそれだけ便ができにくくなり便秘につながりますので、過度なダイエットは避ける事が賢明です。
http://www.thespectatorsports.com/tyousyoku.htmlにもかいてありますが、朝食を抜くことが便秘の原因になっている可能性も高いです。
朝食をしっかりと摂ることで代謝が良くなり1日元気に過ごすことができます。
朝食べたものはその日のうちに全て消費されますので、カロリーを気にせず朝はしっかりと食べたほうが良いのです。

さらに、水分が不足していると排便しやすいやわらかい便ができにくくなります。
便秘だなと感じたら、水分を多めに取ることも一つの解消方法です。
水分といってもお茶やジュースはあまり良くないですので、ミネラルウォーターをたっぷりと飲むようにしましょう。
日本で採れるミネラルウォーターは軟水だけですが、便秘解消やダイエットには硬水http://www.unitedcabcleveland.com/kousui.htmlが良いそうです。

Copyright(C) 2014 べんぴ解消.com All Rights Reserved.