便秘イメージ

食物繊維のすすめ

便秘解消には食生活の内容を見直すことが大切ですが、その中でももっとも効果的なのが食物繊維を取り入れることです。
食べたものから便ができることは誰もが知っていることですが、実は食べたものがすべて便になるというわけではありません。
食べ物に含まれているもののうち、タンパク質や脂肪分などは胃などでそのほとんどが消化吸収され、腸まで到達しません。
腸まで到達するのは、消化吸収されない食物繊維のみなのです。
つまり、便を作っているのは食物繊維だということになります。
ではなぜ食物繊維を多く摂ると便秘解消につながるのでしょうか?
それは、便意というのがある程度便がたまった段階で脳に刺激が送られて起こるものだからです。
便を作るための食物繊維の摂取が少ないと、便の量がなかなか増えず、便意が起こらないため体外に排出されません。
腸内に便が長くとどまる間に便の水分は腸壁から吸収され続け、便が固くなっていきます。
便が硬くなると排便しにくくなり、便秘につながるというわけです。
食物繊維をたくさん摂ることで、便の水分が吸収されすぎないうちに一定量の便がたまり、排便しやすいやわらかい便の状態で便意を起こすことができるのです。
さらに、食物繊維は腸内で分解されるときに善玉菌を増やす役割があります。
善玉菌が増えると腸内環境が良くなりますので、便秘予防にもつながります。
さて、食物繊維とひとことで言いましたが、食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の二種類があります。
便秘のタイプによってどちらを摂ったほうが良いかが変わってきますので、自分の便秘のタイプに合った食物繊維を摂ることが大切です。
不溶性食物繊維は水に溶けにくい食物繊維のことで、穀類や豆類、野菜などに含まれています。
不溶性食物繊維は腸の蠕動運動を活発にする働きがありますので、蠕動運動が弱くなっている弛緩性便秘の人には効果がありますが、蠕動運動が活発になりすぎる痙攣性便秘の人の場合は逆効果になってしまいますので気をつけましょう。
水溶性食物繊維は水に溶ける食物繊維で、果物や海藻などに含まれています。
腸を刺激し過ぎることなく腸内環境を整えてくれますので、痙攣性便秘の人にも効果的な食物です。
これら食物繊維を毎日の食事に上手に取り入れていれることで便秘は確実に改善するでしょう。

Copyright(C) 2014 べんぴ解消.com All Rights Reserved.